失礼にならないお布施の基礎知識 | 法事法要の際に失礼がないように、正しいお布施を

失礼にならないお布施の基礎知識

失礼にならないお布施の基礎知識 | 法事法要の際に失礼がないように、正しいお布施を

法事法要の際に失礼がないように、正しいお布施を

法事法要の際には失礼がないように正しい作法でお布施をお渡ししたいものです。お布施は、「財施」という金銭や衣服食料などの財を施す行にあたります。現在では、葬儀や法事などの際に「お布施」として金銭を僧侶に渡すことが一般的ですが、これは僧侶への謝礼ではなく、お寺のご本尊さまにお供えしていただくもの、ご本尊さまへの謝礼として捧げるものなのです。気持ちを込めてお渡ししましょう。

お布施とは?

「布施」は、梵語で「檀那(ダーナ)」と呼ばれ、慈悲の心を持って他人に財物などを施す、仏教における六つの修行「六波羅蜜(ろくはらみつ)」のひとつからきています。六波羅蜜には、「布施(ふせ)」「持戒(じかい)」「忍辱(にんにく)」「精進(しょうじん)」「禅定(ぜんじょう)」「智慧(ちえ)」があります。現在では、葬儀や法事などの際に「お布施」として金銭を僧侶に渡すことが一般的です。お布施により、お寺は寺院経営をし、寺や檀家の先祖を守り、菩提を弔っていきます。

お布施の準備

お布施として準備するものとして、「お布施」「お車代」(お寺以外の場所で法要を行った場合に必要)「お膳料」(僧侶が会食を辞退された場合に必要)の3つがあります。また、このほかに、「戒名料」「御塔婆料」などもあります。「お布施」には、葬儀をした場合の「お経料」「戒名料」を含む場合と、別にする場合があります。その他に法事法要などでお経を読んでいただいた場合は「お経料」を「お布施」として包みます。お布施を包む袋として、市販の奉書紙、または、白い封筒などを準備しておきましょう。

失礼にならないお布施の渡し方

葬儀や法事法要など、僧侶にお布施を渡す機会というものがあります。このとき、失礼にならないように、お渡ししたいものです。僧侶にお布施をお渡しする際には、お盆に載せてお渡しするか、ふくさに包んでお渡しするのが一般的です。直接手渡しするのは作法ではありません。お布施をお渡しするタイミングは、とくに決まりはありませんので、頃合いを見計らって渡したいときにお渡しして大丈夫です。僧侶が来られたとき、または、帰られるときに、おいさつやお礼の言葉と共にお渡ししましょう。

注目の知識

  • お経料、戒名料との関係は?
    最近では、お布施として「お経料」と「戒名料」を含めた金額をお渡しすることが多いようです。「お経料」とは、葬儀や法事などで、僧侶にお経をあげてもらった際にお渡しする謝礼をいいます。「戒名料」とは、僧侶に戒名をつけていただいた際にお渡しするお金のことをいいます。「戒名」とは、仏さまの弟子になったことを表す名前です。
  • お布施の書き方、表書き
    「お布施」の表書きには、「お布施 ○○家(またはフルネーム)」「御布施 ○○家(またはフルネーム)」「御経料 ○○家(またはフルネーム)」などと書きます。中袋(中包)には、金額、住所、氏名を書いておきましょう。本来は、半紙の中包みに入れて、奉書紙で包むというのが最も正式な形です。墨は、薄墨ではなく黒い墨で書きます。
  • お布施の渡し方・作法
    お布施を僧侶にお渡しする際には、小さなお盆に載せてお渡しするか、ふくさに包んでお渡しするのが一般的な作法となります。僧侶に、直接手渡しするのは作法ではありません。お盆やふくさがない場合は、ハンカチや風呂敷を代用してもかまいません。また、僧侶にお渡しする際には、挨拶やお礼など、一言添えるようにしましょう。
失礼にならないお布施の基礎知識

法事法要の際に失礼がないように、正しいお布施を

新規記事